自己破産のデメリットやリスクについて

自己破産のデメリットやリスクについて

自分は自己破産と言えば当然ながら借金がなくなるというメリットがあります。

これに対してデメリットというのは自己破産してしまった際に信用情報に乗ってしまうために、まずローンが組めなくなります。

住宅購入の際の住宅ローンや車購入の際の自動車ローンなどそういった借り入れができなくなります。

これは自己破産をすることで借金がなくなるのですがそれ以降は現金で支払うとゆう生活に切り替えていく必要があります。

デメリットとしては、財産処分されてしまうそういったデメリットもあります。

これは全財産を処分されてしまうわけではなく生活は最小限守られますので差し押さえが禁止されている財産であるとか、裁判所の運用としては少額の財産は残してもらえるということです。

たとえば神奈川県では20万円あたりが基準になっているのですが、これを下回るような預貯金であるとか、減価償却期間が過ぎている国産車自動車などはそのまま使えたりします。

実は思ったより広い財産の使用が可能になっています。

またそのほかに資格を必要とする仕事に、一定期間就けなくなります。

免責の許可決定が確定するまでの一定期間、通常は3から4ヶ月その期間は警備員とか生命保険の勧誘とかそのような登録が必要な資格の仕事に関して就けなくなったりします。

その他のデメリットとしては自己破産の決定等に関しては官報に報告しなければならないと言うことになっています、住所とか氏名が新聞のようなものに乗ってしまうということになります。

誤解されていることが多少あるのですが戸籍住民票等には破産した事は乗りません、また選挙権に関してもこれがなくなると言う事はありません。

破産するとまた預金の口座が使えなくなるのではないかと言われたり、新たに口座を作ることができなくなってしまうのではないか?と、思われている方もおられますが、基本的にはその銀行口座を持っている銀行に借金があるとかそういうことでない限りそのまま使えることになっています。

また生活保護や年金受給等に関しても影響はありません

このブログ記事について

このページは、kurodoriya.sakura.ne.jpが2015年5月 6日 08:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 膨れ上がった借金を一瞬でチャラにできる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261